ファクタリングは融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2018年10月24日

手堅く資金を確保できるファクタリング

どこかからお金を調達するとなると、可能性が気になってしまうことがあります。100%調達できるとは限りませんから、大丈夫かどうかが気になってしまう訳です。

ところでファクタリングは、手堅さに関するメリットがあります。着実にお金を確保したい時などは、それを検討してみるのも良いでしょう。

そもそも資金を捻出するなら、銀行から借りるという選択肢もあります。大手の銀行などでは、多くの融資商品を取り扱っているでしょう。いわゆるビジネスローンなども、銀行は取り扱っています。

確かにそれも一つの選択肢ではあります。しかしビジネスローンは、それなりにハードルは高めな一面もあるのです。
そもそもビジネスローンを利用したい時には、必ず審査を受ける事にはなるでしょう。もちろん審査で合格なら、ビジネスローンで資金を調達する事自体は可能です。
ところが、それで冒頭でも触れた可能性の問題点が生じるのです。どういう事かというと、ビジネスローンは100%の確率で借りれるとは限りません。いわゆる審査落ちなどもあり得るのです。事業年数が短い会社などは、ちょっと信用性の観点から、難しいと判断される事もあります。それではお金を借りる事ができません。
ところでファクタリングも、実は審査は発生するのです。ただしファクタリングの審査の場合は、会社の事業年数などを確認されるのとは、また少し異なります。多くの企業が抱えている売掛金の健全さなどが、審査される事になるのです。ですから万が一の不良債権だと見込まれる時には、審査落ちになる可能性も一応はあります。

しかしその審査基準は、ビジネスローンほど厳しいものでは無いという意見が根強く見られます。むしろ比較的資金を簡単に捻出できるので、ビジネスローンよりはメリットが大きいという声も根強いのです。
つまりファクタリングの方が、ビジネスローンよりは手堅くお金を確保できるとも言えるのです。そして資金の確保というのは、やはり手堅さが求められる事はあるでしょう。審査に通るか否かが不透明なビジネスローンよりは、むしろファクタリングの方が望ましい事もあります。ですから確実に資金を捻出したい時には、やはりファクタリングが良いでしょう。
ちなみにファクタリングの審査は、銀行よりはノンバンクの方がやや通りやすい傾向はあります。ですから確実に資金を確保したいと考えるなら、銀行というよりファクタリングの専門業者に相談してみると良いでしょう。

ファクタリング資金調達口コミ比較|TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です