ファクタリングは融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2019年10月19日

ファクタリングを利用する際の審査について

ファクタリングは近年注目されている企業の資金調達の方法の1つで、様々な理由からファクタリングの利用を検討している方も多いと思います。今回はそんなファクタリングを利用する際の審査について、色々と詳しく書きたいと思います。

ファクタリングの特徴やメリット

女性

ファクタリングとは、簡単に言えば企業間の取引によって発生した売掛金や受取手形などの売掛債権を買い取ってもらうサービスで、その最大の特徴は他の方法と比較してより早く資金調達が可能な点です。例えば銀行に融資を申し込んだ場合は仮に審査が通ったとしても、実際に資金調達が完了するまでには長い時間が必要となります。

それに対してファクタリングはその時々の状況などによって変わってくるのですが、場合によっては最短1日で売掛金などを現金に替えることが可能で、この点はファクタリングの特徴であると同時に大きなメリットでもあります。

またファクタリングは銀行の融資などとは違ってお金を借りるわけではなく、売掛金などを買い取ってもらい資金を調達する方法なので、保証人や担保が必要ないという特徴もあります。

保証人も担保も必要ないということはその分だけ利用時のハードルが低くなるので、この点についてもファクタリングの大きなメリットだと言えます。

ファクタリングを利用する際に審査はあるの?

男性

ファクタリングは銀行の融資などが通らなかった場合でも利用できる資金調達の方法ですが、ファクタリングを利用する際に審査があるのか気になる方も多いかと思います。ファクタリング利用時に審査があるかどうかですが、結論から言うとファクタリングを利用する際にも審査はあります。

審査聞くと銀行融資などの審査をイメージする方も多いと思いますが、ファクタリングの審査についてはそういったものほどは厳しくなくて、銀行融資の診査などと比べればどちらかと言えば通りやすい部類に入ります。

ただしどちらかと言うと通りやすい部類の審査と言っても申し込んだら必ず審査が通るというわけではなくて、場合によっては審査に落ちてしまうことも当然あるので、その点には注意しておく必要があります。

そのためファクタリングを利用する際にはしっかりと審査のポイントを抑えておき、きちんと審査が通るように事前の準備を怠らないようにすることが好ましいと言えます。

ファクタリングの審査の主なポイントは?

ひらめきマーク

ファクタリングの審査のポイントはいくつかあるのですが、例えば売掛先の企業の状況などについては重要な審査ポイントの1つとなります。

ファクタリング業者からすると買い取った売掛金がきちんと入金されないのが1番困るので、当然ですが売掛先の企業が信頼できるのかどうかはしっかりとチェックされます。

また売掛金が入金されるのがいつなのかという点もファクタリング業者にとって重要なので、売掛金の入金日についても審査ポイントの1つとなります。

基本的には買い取ってから入金されるまでの期間が短ければ短いほどファクタリング業者にとってリスクが低い売掛金となるので、入金までの期間が短い売掛金のほうが審査に通りやすい傾向があります。あとはファクタリングを利用する企業の状況も審査ポイントの1つではあるので、利用時には経営状況などをチェックされたりします。

ただ銀行融資などと違ってお金を借りるわけでは無いので、ファクタリングを利用する企業の状況よりも売掛先の企業の状況の方が重要視されるのが一般的です。

ファクタリングの審査に落ちる原因や対策は?

女性

ファクタリングを申し込んでも場合によっては審査に落ちてしまうこともありますが、原因を知っておけば対策可能なものもあるので、その点について書きたいと思います。

ファクタリングの審査に落ちる原因は色々とありますが、例えば買取に出す売掛金の支払日が長すぎるとそれが審査落ちの原因になる可能があります。あまりに長すぎるものだと審査が厳しくなって落ちる場合もあるので、心配な場合はなるべく支払いまで短いものを選ぶようにすると良いです。

またファクタリングの審査では売掛先の企業の状況が重要視されるので、当然ですが売掛先の経営状態が悪いと審査落ちする可能性は高いです。これに関しては相手の問題でこちら側ではどうしようもないので、そういったところの売掛金は持ち込まないようにすると良いです。

あとは売掛債権の存在を証明する資料が不足していると、実際には売掛債権があっても審査落ちするケースがあります。

資料が不足しているとなかなか審査には通りづらいので、求められたものはしっかりと提出するのはもちろん、契約書や発注書などの資料はしっかりと用意するようにしてください。

まとめ

ファクタリングは企業の資金調達に有効な方法の1つですが、申込み時には銀行融資などと同様に審査があります。ファクタリングの審査は銀行融資の審査などと違ってどちらかと言えば通りやすい部類に入りますが、だからといって必ず通るわけではなく審査に落ちることも当然あります。

ただ審査に落ちる原因さえ分かっていれば対策することは可能なので、ファクタリングを利用する場合には審査に備えて事前の準備をしっかりと行うように心掛けてください。