融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年10月19日

融資と違ってリスクが低いファクタリング

会社経営をしている方々は、しばしば資金調達が必要だと考えています。会社を経営していくためにも、様々な運転資金などが必要だからです。
それを調達するとなると、銀行に相談するという選択肢が浮上します。銀行から目先の資金を借りる事を考える経営者も多いですが、それにはリスクはあるのです。このためファクタリングという商品が検討されるケースも、最近増えてきています。
ファクタリングとは、売掛金を売却する事になります。ほとんどの法人は、何らかの支払い債権などを抱えているのです。それを売った上で、お金を調達するというシステムになります。
例えばどこか取引先があるとします。そこからお金を支払ってもらう権利が、しばしば発生している訳です。
ところが売掛金は、直ちに支払われる訳ではありません。若干は日数を要する傾向があります。いわゆる即日払いなどでなく、数ヶ月後になるケースも多々あるのです。
しかし会社経営者としては、数ヶ月後では困ってしまう事もあるでしょう。様々なお金の支払い義務がありますから、すぐに支払ってほしいと考える方々も多いです。取引先に対する支払いの兼ね合いがあり、やむを得ず銀行から借りる方々も多く見られます。
それで銀行から借りる場合、リスクがあるのです。万が一の滞納が生じた時には、銀行から遅延損害金などの請求が来てしまうケースがほとんどです。その料金はかなり大きいので、悩んでいる法人の方々も少なくありません。
また銀行から信用が失われるリスクもあります。今後の資金調達を考えているのに、信用が失われてしまっては、法人としては大変な事になるでしょう。ですから融資商品というのは、意外とリスクも大きいのです。
ところがファクタリングという商品は、そういうリスクがありません。なぜなら、あくまでも売却をする事になるからです。品物を売却した時に、何かリスクが生じる訳でも無いでしょう。それと同じく、ファクタリングでも特にリスクは無いのです。
やはり会社を経営する方々としては、何とかしてリスクを抑えたいと考えています。会社の売上数字などの問題はありますから、リスクが低い方法は何か無いものかと、考える方々も目立つのです。その点でファクタリングという商品は、大変便利です。
ただしファクタリングは、多少は時間を要します。融資よりは時間がかかりますが、それでもリスクの低さというメリットは大きいので、それを検討してみるのも一法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です