融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年12月17日

有利な条件で借入できるよう工夫

資金調達は、その資金の使途によって長期借入金と短期借入金とに分けて有利な条件で借入できるよう工夫しましょう。

資金調達方法を考える場合、その調達希望資金の総額と使途、そして予定返済期間によって資金の調達方法が変わります。
調達希望資金の総額が大きい場合、その使途は多くの場合住宅資金です。
事業資金の場合もあるでしょうが、基本的には予定返済期間が長期の場合と短期の場合によって、長期借入金と短期借入金に分けることが出来ます。

短期借入金の場合は、手続きも簡便な消費者金融やカードローン等が考えられます。
金利は高いですが、短期間に返済することがわかっているならば総利息額はそれほど大金にならないので、むしろ手続きに費やす手間を考えた場合消費者金融やカードローンの方が合理的かもしれません。

連帯保証人とか抵当とか多くの書類を揃えるのは大変です・
それが不要な短期返済資金は、消費者金融やカードローンですぐ調達できる方が使途を考えた場合適しています。

住宅資金や事業資金など金額も多額で、返済期間も相当長期にわたることが予想される場合は、銀行や信用金庫から長期借入金として安い金利で借り入れるべきです。
消費者金融やカードローンより金利も格段に低いですし、返済期間中の利息総額が相当違ってきます。
その代り審査は相当厳しいですし、提出書類も相当多いです。
連帯保証人も求められますし、抵当も求められます。

当然所得証明書も必要です。
借入申請してから実際に審査に合格して資金が手元に来るまでの時間も相当長いです。
貸す方の側からすれば、長年にわたって大金を貸すわけですからそのようになるのは致し方のないところです。

但し住宅ローンなどは、住宅減税とか親からの贈与が一定金額まで無税になるなどのメリットも利用できます。

今、各銀行などは土曜日や日曜日も働く人のために住宅ローンセンターを開設しています。
だから、会社を休まなくても良くなりました。
役所も月に1回位日曜日に開庁して市民の便宜を図っています。
その日に役所へ行けば必要な書類は、ほとんど用意出来ます。
書類の郵送と言う方法も各役所は。今ほとんど取っています。

だから、銀行や信用金庫そして役所へそれほど何度も会社を休んで行くことも昔に比べて減りました。

長期資金の借り入れも借りやすくなりましたので、面倒くさがらずにどんどん安い金利で借り入れる方法を工夫してください。

県や国からの制度資金を借りる方法もあります。
金融機関の人に遠慮なく相談して1円でも返済額を減らす方法を勉強して、有利な方法で資金調達しましょう。
資金を借りられた場合、返済途中でも返済を早めるとか借り換えと言ってもっと有利な返済方法が見つかった場合、返済途中で返済方法を変更することもできます。
常に関心を持って、返済を有利に図りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です