融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年12月17日

抵当がなくても借りる事ができるファクタリング

どこかから資金を調達する場合、抵当がポイントになる事がよくあります。それが準備できない方々としては、大変困る事もあるのです。そしてファクタリングには、抵当に関する明確なメリットがあります。わざわざそれを準備しなくてもお金を調達できる点は、ファクタリングの大きなメリットです。
そもそも経営者としては、銀行から借りたいと思っている事もよくあります。ただ銀行から借りるとなると、上記でも触れた抵当が必要になる事が多いのです。
抵当とは、いわゆる質のようなものです。質屋からお金を借りる時には、必ず何か物品を預けることになるでしょう。万が一滞納になる時には、その預けた物品が売却される事になる訳です。
それで銀行からまとまったお金を借りるとなると、不動産物件などが必要になってきます。いわゆるマイホームなどを抵当に入れた上で、借りるケースが多いのです。もしくは知人が保有する不動産物件などを用いて、お金を借りるケースが多いです。もちろん質屋と同じく、滞納時には不動産物件が売却される事になります。
ところで会社経営者の方々は、必ずしも不動産物件を保有しているとは限りません。ですから銀行から借りたいと思っても、抵当物件を準備できない方々としては、融資は少々難しくなります。ですが運転資金なども何とか調達したい法人の方々としては、借りれないのは少々困るでしょう。
ところがファクタリングですと、調達できるようになるケースが多いのです。何せファクタリングでは、あくまでも売却をする事になります。会社が抱えている売掛金を売却するというシステムになりますから、わざわざ抵当物件などを用意する必要もありません。
そもそも不動産物件を保有している方々にとっても、ファクタリングはとてもメリットが大きいのです。何せ万が一の滞納が生じた時などは、不動産物件は売却されてしまう可能性があるでしょう。それは法人の方々にとっては、とてもリスクが大きい訳です。ですがファクタリングならば、売掛金を売却するに過ぎませんから、銀行から借りるよりはメリットが大きいという意見も多く見られます。
また申し込みの手間も小さいです。そもそも融資商品では、意外と多くの手間が生じてしまう場合があります。抵当に関する書類を準備するのも、とても大変です。ですがファクタリングは、そこまで面倒な書類が必要な訳でもありません。資金調達の手軽感も、ファクタリングのメリットと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です