融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年10月19日

売掛金の売却なので融資よりはリスクが低いファクタリング

多くの企業は、何らかの機会に設備投資などを考えています。それは会社の売上数字などにも関わってくるからです。

それで設備投資の資金を捻出する為に、どこかからお金を借りる選択肢が浮上する事はあるでしょう。会社の予算にも限界はありますから、金融業者からの融資を検討している法人も、決して少なくありません。
しかし融資ではなく、ファクタリングという選択肢もあるのです。それは企業が抱えている売掛金というものを、売却する事になります。

大部分の企業は、どこかからお金を受け取るという契約を結んでいます。例えばある時に、どこかからお仕事を受注したとします。それで受注した依頼内容も消化したので、いずれ入金されるという契約になったとします。この時に入金される見込み額が、いわゆる売掛金なのです。
ところで売掛金は、直ちに入金されるとは限りません。入金されるまでに、若干日数がかかる事もあるのです。そういう時に限って、上記のような設備投資が必要になります。会社の予算不足なので、なかなか費用捻出が難しい事もあるでしょう。

こういう時に、売掛金を売却するという選択肢があるのです。そして多くの企業は、それは融資よりもメリットが大きいと考えています。なぜなら融資商品と比べれば、リスクが低いとも解釈可能だからです。
そもそも融資商品というのは、たいてい信用情報が関わってきます。それで会社に遅延が発生した時などは、信用情報などが登録されてしまう事もあります。そうなると、銀行とのお付き合いが難しくなってしまう訳です。それは今後の事業に対して、悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

ところがファクタリングというシステムでは、特に信用情報などが登録される事もありません。そもそも返済という概念が無いからです。
上記でも触れた通り、ファクタリングはあくまでも売掛金を売却するというシステムになります。売却するにあたって、何かを返済する事もないでしょう。
それで融資商品のデメリットの1つは、遅延時に様々なコストが発生してしまう点です。万が一支払いに遅れてしまいますと、損害金などが請求される事もあります。それが非常に大きいのです。
しかしファクタリングには、そのようなシステムもありません。あくまでも売却をする事になるからです。
つまりファクタリングは、リスクが低いとも解釈できる訳です。ですから事業資金などを捻出したい時には、ちょっとファクタリングを利用してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です