融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年10月19日

取引先への支払いの資金を速やかに確保できるファクタリング

様々な企業には、取引先があります。取引先は、会社の売上にも関わる非常に大事な存在です。企業によっては、取引先から仕事を受注する事もあるでしょう。
ところで取引先に対しては、費用の支払いなどが求められる事もあります。それを払う事自体は、とても大切なのです。

それで費用支払いは、しばしばスピードが求められます。いわゆる支払い期日などが設定されて、取引先の所定日に支払いを行う事はあるでしょう。
ところが支払いまでには、若干時間がかかってしまう場合があります。そういう局面で、ファクタリングが活用される事もあるのです。

企業が支払いをする為には、基本的には売掛金でお金を確保する事にはなります。企業が何らかの依頼を完了したので、いずれ入金されるという話になっているケースも、世間では多いのです。
ところが売掛金は、直ちに支払われるとは限りません。先方の都合などにより、肝心のお金がなかなか支払われない事もあるのです。その都合上、取引先に対する支払いが遅れてしまう事もたまにあります。
しかし、それは信頼に大きく関わってくるでしょう。期日までにお金が支払われないとなると、取引先からの信用が失われる事もあります。それがきっかけで、売り上げ数字に影響が及んでしまう事もあり得るのです。もちろん企業としては、それは避けたいでしょう。
そういう時に、ファクタリングでお金を確保するやり方もあるのです。ファクタリングというのは、比較的速やかに資金を調達できるメリットがあります。

例えば売掛金で通常通り支払われるとなると、だいたい3ヶ月ほどはかかる見込みだとします。ところが銀行などによるファクタリングで売掛金を売却しますと、1ヶ月以内に資金を確保できる事もよくあるのです。2ヶ月も早くなれば、取引先からの信用が失われる確率も低くなるでしょう。

つまりファクタリングには、早さに関するメリットがある訳です。ただし早いとは言っても、いわゆるビジネスローンほどの早さではありません。ビジネスローンでは即日でお金を借りれる事も多々ありますが、ファクタリングはもう少し時間がかかるのです。

しかしビジネスローンとは違って、ファクタリングには融資リスクがありません。どこかの銀行に返済するのは、それなりにリスクも伴うものです。ファクタリングはあくまでも売掛金を売却するだけですから、いわゆる信用情報のようなリスクがありません。ですから取引先に一刻も早い支払いが求められる時などは、やはりファクタリングが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です