融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年10月19日

ファクタリングは銀行とノンバンクのどちらが良いか

何かのサービスを利用する時には、会社選びが必要になるケースが多いです。それぞれ費用やスピードなどに関する違いがありますから、それなりによく選ぶ必要はあります。
ところで会社経営を行う方々は、たまにファクタリングという商品を検討しています。かなり速やかに資金を調達できる事も多いですから、大いに検討する価値はあるでしょう。
ただファクタリングを提供している会社は、1つだけではありません。それこそ多彩な会社があるのです。
大きく分ければ、銀行もしくはファクタリング専用のどちらかになります。それぞれスピードなどに関する違いがあるのです。
よく言われることですが、銀行は手続きに時間がかかる傾向があります。ローンで銀行からお金を借りる時などは、多少は待たされる事が多いでしょう。それに対してノンバンクから借りる時には、比較的スピーディーに手続きが進む傾向があります。ですから急いでお金を確保したい方々などは、ノンバンクの方は助かる事も多いのです。
ファクタリングに対しても、同じ事が言えます。やはり銀行の場合は、資金調達に多少は時間を要する傾向があります。ですから急いでお金を確保したいなら、銀行というよりはファクタリングの専門業者で手続きを進めると良いでしょう。
それとを審査ハードルに関する違いもあります。融資商品では、ノンバンクの方が審査が通りやすいとはよく言われます。逆に銀行では、かなり厳しく審査を行っている事も多いのです。ファクタリングも、やはり銀行は厳しく審査を行っている傾向があります。ですから手堅くお金を調達したい時は、やはり銀行ではなくファクタリングの専門業者が推奨されるでしょう。
こういった話を聞きますと、いかにもファクタリングの専門業者の方が良さそうに聞こえます。しかし銀行にもメリットはあるのです。
確かにノンバンクは手続きなどは早いですが、手数料も高めに設定されています。そもそも売上金を売却する時には、金融会社としては手数料は差し引いているのです。その手数料の取り分は、やはり会社によって異なります。
それで銀行の場合は、手数料はかなり低めに設定されている訳です。会社経営をする方々にとっては、手数料が大きいか小さいかという問題は、とても大切でしょう。ですからコストを抑えたい方々にとっては、ファクタリングの専門業者というより、銀行の方が望ましいです。
ですから銀行とノンバンクのどちらでファクタリングを利用すべきかは、それこそニーズ次第と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です