融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年12月17日

ファクタリングの制度を使って、資金化

企業の経営者からすると、自社の経営をスムーズ且つ安定させるためには、常にキャッシュフローを良くしておく必要があります。
今の時代、取引先の不渡りなどで、連鎖倒産が突然に来てもおかしくないからです。
どんなに売上が伸びていても、売掛の債権回収ができないと、支払先への支払いが滞り、自社の経営さえ危ぶまれる可能性があります。
経営者の方々にとっては、常に現金する手段を取れることを考えておく必要があるのです。
その時に有効な手立てとなるのが、ファクタリング制度です。
ファクタリングとは、売上債権を譲渡して現金化させる仕組みです。
ファクタリングを扱う金融会社に債権を譲渡して、現金化させるのです。
この方法を取ると、回収サイトを大幅に短縮して、現金化させることができますので、支払いへの対応が容易になってきます。
資金調達計画や支払計画において、計画的な運用がしやすくなるわけです。
極端な話ですが、取引先が倒産しても、自社に影響が及ぶことなく、資金調達が可能なのです。
また、銀行からの融資でもありませんし、バランスシートが改善されてきますし、企業のたいがい的な信用情報に問題が出てくる訳ではありません。
赤字や債務超過という状態でも利用することが可能なのです。
このようなことから、ファクタリング制度を活用する企業も段々と増えてきているのが、実態です。
一方でメリットづくめということでもありません。
デメリットが存在することも事実です。
まずは、資金調達と言っても、銀行の融資と異なり、現金化できる範囲は、あくまで債権の金額内での現金化です。
また、現金化と言っても、手数料が高いために、債権額100%が現金として、調達できるのではありません。
この制度を利用する際には、この点を充分に理解すると同時に、ファクタリングで現金化するのかどうかを見極めすることが、重要です。
取引先への支払期日が、余裕があるのであれば、債権の100%回収を待って資金調達する方が、金利の面で、有利だからです。
支払期日が迫っている等の問題であれば、ファクタリングを利用するメリットも出てくるはずです。
この点を踏まえて、利用する判断を行っていくことが大事です。
また、この制度を利用できるようにするためには、売上債権の取引企業の承諾が必要だったり、債権譲渡の登記が必要なケースも出てきます。
特に取引先からの承諾手続きには、時間を要することも予想されますので、この制度を上手く活用する為に、これ等の諸々の手続き内容も理解しておくことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です