融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年12月17日

ファクタリングとその審査ハードルのメリット

金融機関から借りる事が可能かどうかという点は、多くの方々が気にしています。万が一借りる事ができなかったらどうしようか等と、悩んでいる方々はとても多いのです。
それでファクタリングという商品には、資金を調達できる確率に関するメリットがあります。融資関連の商品と比べても、比較的資金を調達しやすいのです。
そもそも金融機関から借りる時には、たいていは審査が行われる事になります。もちろん審査に通った時に、借りられるようになるのですが、その際の基準は色々あります。
例えば財務の健全性などがあります。法人の方々でしたら、色々と予算に関する調整を行っているでしょう。それが健全な状況かどうかを、確認される訳です。
ですから赤字経営の方々などは、少々難しい傾向はあります。やはり黒字経営の方が、銀行から借りやすい傾向があるのです。
その他にも、事業年数なども審査に関わってきます。事業を開始してから間も無い法人などは、審査で落とされるケースもたまにあります。会社を立ち上げてから数年ほど経過していないと、落とされるケースも多いです。
そして審査で落とされた時には、しばらくの間は借りるのが難しいケースがほとんどです。何せ審査落ちの情報は、直ちに銀行の間で広まってしまいます。他の銀行にも情報共有されてしまいますから、やはり落とされる確率が著しく高まるのです。
ですから審査落ちを心配している方々はとても多いですが、ファクタリングにはその確率に関するメリットがあります。ファクタリングでも、一応は審査は行われる事になります。この商品は、基本的には売掛金を売却する事になるのです。ですから売掛金が問題無いかどうか等は、審査される事になります。万が一問題があると判断された時には、審査落ちになる事例もたまにあります。
ですからファクタリングで資金調達ができる確率は、100%ではありません。それでも通常の融資商品と比べれば、メリットが大きいという声も目立ちます。なぜなら融資商品の場合は、審査ハードルがとても高いからです。確かにファクタリングでも審査は行われますが、そのハードルはローン商品と比べても、低めに設定されているのです。
つまりファクタリングの方が、融資商品よりは手堅く借りれるケースが多いのです。やはり会社経営を行う方々としては、なるべく手堅くお金を調達したい傾向があります。運転資金を手堅く調達したい方々にとっては、融資商品よりはファクタリングの方がメリットは大きいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です