融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年10月19日

ファクタリングを行う企業側の3つのメリットとは

企業が顧客に対して、納品やサービスの提供を行った後、それに対して顧客が未払いの場合にファクタリング会社が顧客に代わって期日までに支払いを済ませます。

ファクタリング会社は企業への支払いを返還するよう請求することはありません。ファクタリング会社は、企業の売掛金を買い取ることになります。ファクタリングはアメリカで考案され、このような資金調達方法は、欧米では一般的とされます。

大きく3つのメリットが挙げられますが、日本の法整備において、進歩が望まれる傾向となっています。手形による取引を行っている企業には、売掛金による資金調達という手段が難しい状況であることも、ファクタリングがこれから拡大に向かう要因の1つとも言えるようです。

経済産業省は、売掛金による資金調達を正当な資金調達方法であると表明し、広く知れ渡る必要があるという認識も表明しています。政府により、不動産担保による資金調達から、売掛金による資金調達へ移行を進める動きも見られます。

企業と顧客、ファクタリング会社が協力し合うことで、売掛金を活用した資金調達が実現されます。ファクタリングを行う3つのメリットとは、1つめは、企業の売掛金を早い段階で資金化することができることです。担保を求められるといったこともなく、期日までに資金調達が実現し、企業におけるキャッシュフローの改善につながるといった点です。

2つめは、ファクタリングでは返還請求なしで企業が債権を譲渡するため、貸借対照表(バランスシート)における負債とはならないことです。バランスシートのスリム化を図ることができ、総資産利益率の改善につながるといった点です。

3つめは、万が一の事態が生じた場合であっても、譲渡した代金の支払いを企業が請求されることはありません。例えば、売掛金の回収ができない事態になったとしても、ファクタリング会社がリスクを負担するので、企業には支払いの義務が生じるようなことはありません。

このように、リスクマネジメントも行うことができるといった点です。特に、中小企業の規模において、これらのメリットが顕著になる傾向が見られます。最短であれば、わずか1日で資金の確保が可能となります。金融機関による融資が難しい場合でも、この手法を知っているかで、企業の浮沈が左右されると言っても過言ではありません。ファクタリングは、これからの経営や資金繰りを成功させる可能性が拓かれる画期的な資金調達手段となります。