融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年10月19日

ファクタリングを使うメリット

企業間の取り引きの中で、ファクタリングの仕組みが上手く機能していることをよく聞いたり、目にすることがあります。

ファクタリングは、債権の現金化を前倒することができることで、多くの企業が助かっています。

この時代、何時、不景気の中で自社が倒産の危機に直面するか分からない時代です。

今日までは健全に経営できたはずなのに、翌日になると、いきなり経営が行き詰まってしまうリスクが潜在的にあるからです。明日、取引先から債権の回収となっていたはずが、支払いを伸ばされてしまったとか、相手の倒産のあおりで、仕入先への支払い原資が確保できないと言う場面も出てくる可能性は否定できません。

支払いのための融資を銀行に頼み込んでも、この厳しい時代では、金融機関も簡単に信用だけで貸してくれません。そうなると、連鎖倒産になることも現実的なことなのです。まさに予測不可能な時代になってしまいました。

しかし、この時にファクタリング制度が大きく、会社経営に寄与してくれるのです。

自社の保有している債権を譲渡する代わりに、現金を手にすることが可能です。

そうすることにより、取引先、仕入先への支払いも滞りなく対応することができることになります。特に中小企業の経営者の方々にとっては、この仕組みはなくてはならない存在ではないでしょうか?

この数年、大企業でさえ、キャシュフローの健全化が求められているくらいです。少しても短期館のうちに債権を現金化して、不足の事態に備えている置くことが必要だからです。

企業の経理担当者、営業も売上げをのばすだけでなく、確実に売上債権を回収することが必須の条件になっています。

取引先によっては、回収サイトが半年先となる場合もあります。このような条件は極端かもしれませんが、現実的に存在しています。だからこそ、経営の維持を考えた時にファクタリング制度を上手に活用すべきなのです。反面、この制度のデメリットも理解しておくことも、重要です。

ファクタリングを使うに当たり、回収先となる取引先の合意が必要となりますし、債権額100%の現金化ではありません。

手数料としての割引があるからです。

このことを理解しながら、回収サイトにかかる金利とファクタリングを使うことを比較しながら、どちらの方法が経営にプラスになるのかを知らなければなりません、

その上で、ファクタリングにメリットがあるのなら、利用することが明日の会社の存続につながっていくのです。