融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年12月17日

ファクタリングを上手に活用してキャッシュフローを良くする

先行きが不透明な時代です。今月はとても好調で業績も悪くない会社が、よ翌月になるといきなり倒産と様相を呈してきて、数ヶ月後には、店じまいを余儀なくされたということも珍しくはありません。
そこまで会社の状況が一変してしまうことがあります。

それは連鎖倒産ということも少なからず影響を及ぼすからです。

現代のビジネス業界においては、企業が健全な経営状態を持続させるために行っていることは、キャッシュフローを改善していくことです。

常にお金の債権の回収を短くして債権を少なくしておくこと。これは企業の経営活動の中で、最優先される事項の1つでもあります。

金融機関からの借入で支払いをすませ、後から債権を現金化するというプロセスの中で、不渡りを出した会社が現れると、負の連鎖が始まってきます。少しでも、このリスクを軽減させるために、現金化できる債権は全て現金にすることで、キャッシュフローを良化させておく必要があります。

その時に大いに活用できる仕組みがファクタリングです。

ファクタリングとは、自社が持つ債権をファクタリング会社に譲渡して、現金化することです。現金化するまでの期日を短期化させることができるので、企業の至上命題となっているキャッシュフローの改善に対しては、大きなメリットがあるのです。しかし、デメリットがあることも事実です。

手形や小切手のように現金化までの期日を短縮させるわけなので、現金の割引があり目減り感があるからです。

可能な限り100%の現金化が望ましいのですが、先行きが見えない経済状況においては、ファクタリングを利用することは、企業の存続を確実にさせる手法であることには間違いありません。
業績を伸ばして会社の利益を拡大させることは、企業として重要なことですが、少々の悪化を伴なったとしても、ファクタリング制度を活用して、キャッシュフローを良くしておくことも、企業存続の大事なことなのです。

大企業では、従来から資金的な余裕があるので、このような課題が大きくクローズアップさせることは少なかったことです。しかし、最近は経営のスピードアップが求められる時代にあっては、キャッシュフローの改善も大きく要求されてきます。

知名度の高い企業でもそうなのですから、中小企業のオーナーの方々は、自社の経営基盤を強くさせるために、ファクタリング制度を大いに活用する必要があるのだと考えられるのです。
この仕組みも企業存続には欠かすことのできないので仕組みの1つと言えます。