融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年10月19日

ファクタリングの必要性

ファクタリングとは、企業間のビジネス、中でも特に商取引においては、契約実行から支払いまでに一定の期間がございます。この支払われるまでの期間中に、対象の債権を買い受けて、その金額を支払ってくれる仕組みのことです。

まだ、分かりにくい部分もあるかと存じます。

例えば、A社がB社に部品を500万円で販売しましたが、納品から支払われるまでに通常一ヶ月以上、長ければ三ヶ月も必要になります。特に下請け業者と呼ばれる方々は、この期間を長く伸ばされるケースがあるそうです。

この期間を一般的には「支払いサイト」と呼称されるケースも多いです。

この支払いサイトが長いと、当然ながら債権を持っている側(上記のケースでは販売・納品した側)は、「部品代金が振り込まれる」までその「500万円」は手元にありません。

しかしながらその期間中にも当然「家賃」や「従業員の給料」等の固定費の支払いはやってきます。困りますね。

そこで、日本では今までであれば「ビジネスローン」等とも呼ばれる別の債務を持ち、その資金で代金が振り込まれるまでやりくりする、というケースも多かったのです。しかし、ここで登場するのが、お待たせしましたファクタリングです。

実はこのファクタリング。アメリカ等の海外ではかなり一般的なんです。事実、他国では商取引全体の内にファクタリングの占める割合が日本の数倍以上なんてデータもあります。

上記ケースに当てはめると、納品した時点で発生する債権を、ファクタリング事業者が一旦買い受けます。ここでA社には500万円が支払われます。三ヶ月後、B社からの振込を受けてから再度A社はファクタンリグ事業者に500万円に手数料を加味して支払うという流れです。

ァクタリングにも2種類あるそうで、上記ケースのような「A社とファクタリング事業者」、「A社とB社」という取引しかないものが一般的です。他には「三社間で取引」を行う形態もありますが、やはり契約も単純では無い為、多く無いようです。
大手ほど体力の無い中小企業にとってはとても良い仕組みでは無いでしょうか。

ただ、一点だけご注意点がございます。原則的に「個人事業主」は本契約の対象外となります。あくまで「企業同士の商取引」が対象で、且つ、「商取引が継続的に行われている」実績も必要のようです。ファクタリング事業者のリスクを考慮すると当然かも知れません。

今注目のファクタリング、気になった方は是非ともご検討ください。