融資では無く売掛金を買取してもらう事により即時現金が手に入ります!

最終更新日:2017年06月27日
急な資金が必要になったらファクタリングも考えてみませんか

売掛金の回収期日がまだ先なのに、資金が必要になったという場合、銀行からの融資だけが資金調達方法ではありません。

ファクタリングという方法があります。ファクタリングは借金ではありません、取引先にもバレません。自らの資産である売掛金を現金化する方法なのです。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買ってもらうことで、売掛金を現金化します。早ければ即日で現金化できるのです。万が一取引先がつぶれても、回収義務はファクタリング会社が負いますから、手元の売掛金を早期に現金化したいときはファクタリングが有効なんです。

売掛金がファクタリングされたことを、ファクタリング会社は取引先にばらしません。 これを2社取引といいます。ファクタリング会社によっては取引先とファクタリングの確認をとることがあります、これを3社取引と言います。 
2社取引の場合、ファクタリング会社の取り分は、手数料を引いて20%が一般的な取り分です。ただ、ファクタリング会社との取引が増えて信用が増すと、この率(掛け目といいます)は下がっていきます。

日本の企業は資金需要のときは銀行の融資に頼りがちです。 この構図に危惧した経済産業省が「売掛債権を利用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である」という見解を発表してます。※中小企業による資金調達の課題 より
日本の銀行は中小企業に冷たいです。 どうしたって大企業への融資が優先されます。 本当に困っているのは中小企業なのに、こちらへの融資は渋いです。 

ですから、これからの時代、中小企業も資金調達を多様化すべきなんです。銀行の融資だけでなく、市場から直接資金を調達したり、ファクタリングのような債権の活用をするべきです。

「売掛債権まで手を出さなくてはいけない、苦しい会社である」という風評被害は今後取り払われるでしょう。なぜなら、これらは日本の銀行の体質的な問題なのです。 動産担保にたいしてノウハウも、知識も不足して不動産担保にのみ頼り切った弊害であるからです。

ファクタリングは怪しい企業のぼったくり商売ではありません。 ファクタリング自体は14世紀のイギリスで生まれ、その後アメリカで発達しました。 日本で発達しなかったのは、銀行の不動産信仰によるものが大きいのです。そのようなものの為に、会社を預けるわけには行きません。これからの時代は、もっとカンタンに銀行に頼らない資金調達が求められるのです。 ファクタリングは企業が持ちうる当然の資金調達手段であるといえます。

ファクタリング事業者でおすすめはこの7社
株式会社JTC
株式会社JTC
ファクタリング・売掛債権買取で事業資金調達なら株式会社JTC
ファクタリング・売掛債権買取のご相談はJTCにお任せください。最短即日で1億円までの運転資金・事業資金調達が可能です。どこよりも低額・好条件での資金調達可能です。※個人事業主様は、本サービスのご利用対象外
対応地域
日本全国
対象
法人
可能資金調達金額
100万円~1億円まで
株式会社ビートレーディング
株式会社ビートレーディング
事業資金の調達・ファクタリングならビートレーディング
最短即日!ビートレーディングにご相談ください!キャッシュフローの改善を実現します!ビートレーディングのファクタリングサービスなら取引先に知られることはありません!
対応地域
日本全国
対象
法人・個人事業主
可能資金調達金額
100万円~3億円まで
ファクタリング東京
ファクタリング東京
資金繰り・急な支出の強い味方。ファクタリング東京で問題解決
資金調達でお悩みの方に向けた当社のファクタリングは多くの企業様にご活用頂いております。少額から最大1億円といった高額案件まで最短即日買取します。
対応地域
日本全国
対象
法人・個人事業主
可能資金調達金額
売掛先1社に対して、10万円~1億円まで。※審査により上限1億まで対応可
株式会社トップ・マネジメント
ファクタリングで資金調達|株式会社トップ・マネジメント
融資を金融機関に断られた中小企業経営者様、財務経理ご担当者様必見!安心・確実・即日のファクタリング(売掛債権買取)による事業資金調達でキャッシュフローの大幅改善ができます。借入にはならない、無担保・保証人不要の資金調達をご提案します。
対応地域
日本全国
対象
法人・個人事業主
可能資金調達金額
基本的には売掛先1社に対し3000万円迄・売買合計総額は売掛先の件数問わず1億円迄
資金調達プロ
資金調達プロ
売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ
【資金調達プロ】ファクタリング10秒カンタン無料診断で100万円~3億円の事業資金を最短1日で調達可能!つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能な資金調達とは?
対応地域
日本全国
対象
法人・個人事業主
可能資金調達金額
100万円~3億円まで対応可能
株式会社三共サービス
ファクタリングの株式会社三共サービス
中小企業の資金繰りなら返済不要のファクタリング。御社の売掛金を現金化する「銀行借入をしない資金調達」の手段です。三共ファクタリングサービス
対応地域
日本全国
対象
法人
可能資金調達金額
基本的には、売掛先1社につき3000万円までとさせて頂いております。
株式会社トラストゲートウェイ
福岡県ファクタリング売掛金の現金化で資金調達
キャッシング、融資とは違う、売掛金・現金化・資金調達は福岡県のファクタリング・九州エリア・福岡県での資金繰りなら返済不要のファクタリング・貴社の売掛金を現金化する「銀行借入をしない資金調達」の手段です。
対応地域
日本全国
対象
法人
可能資金調達金額
50万円~3000万円
ファクタリング関連記事
多くの企業は、何らかの機会に設備投資などを考えています。それは会社の売上数字などにも関わってくるからです。 そ ・・・[続きを読む]
ファクタリングとは企業間の売掛金を現金化するサービスのことで、これを専門に行っている会社をファクタリング会社と ・・・[続きを読む]
ファクタリングについてびっくりするような大きなニュースがありました。2017年1月にファクタリング業者が逮捕さ ・・・[続きを読む]
何かのサービスを利用する時には、会社選びが必要になるケースが多いです。それぞれ費用やスピードなどに関する違いが ・・・[続きを読む]
会社がお金を確保する時には、基本的には取引先から入金をしてもらう事になります。いわゆる小切手などで支払われるケ ・・・[続きを読む]
金融機関から借りる事が可能かどうかという点は、多くの方々が気にしています。万が一借りる事ができなかったらどうし ・・・[続きを読む]
どこかから資金を調達する場合、抵当がポイントになる事がよくあります。それが準備できない方々としては、大変困る事 ・・・[続きを読む]
会社経営をしている方々は、しばしば資金調達が必要だと考えています。会社を経営していくためにも、様々な運転資金な ・・・[続きを読む]
自営業をすでに15年以上に渡って営んでいるにも関わらず、手形割引とファクタリングを混同していました。今から考え ・・・[続きを読む]
手形割引、手形貸付、ファクタリングもすべて手形に関係する商業習慣といっていいでしょう。手形での取引は少し前と比 ・・・[続きを読む]
企業の経営者からすると、自社の経営をスムーズ且つ安定させるためには、常にキャッシュフローを良くしておく必要があ ・・・[続きを読む]
資金調達は、その資金の使途によって長期借入金と短期借入金とに分けて有利な条件で借入できるよう工夫しましょう。 ・・・[続きを読む]
株式会社三共サービス ファクタリングの株式会社三共サービス 中小企業の資金繰りなら返済不要のファクタリング。御 ・・・[続きを読む]
株式会社JTC ファクタリング・売掛債権買取で事業資金調達なら株式会社JTC ファクタリング・売掛債権買取のご ・・・[続きを読む]
資金調達プロ 売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ 【資金調達プロ】ファクタリング10秒カンタン無料診断で ・・・[続きを読む]
株式会社Qpa(キュッパ) 資金調達・ファクタリングなら株式会社Qpa 資金調達や運転資金の調達、ファクタリン ・・・[続きを読む]
株式会社トップ・マネジメント ファクタリングで資金調達|株式会社トップ・マネジメント 融資を金融機関に断られた ・・・[続きを読む]
ファクタリング東京 資金繰り・急な支出の強い味方。ファクタリング東京で問題解決 資金調達でお悩みの方に向けた当 ・・・[続きを読む]
株式会社ビートレーディング 事業資金の調達・ファクタリングならビートレーディング 最短即日!ビートレーディング ・・・[続きを読む]
株式会社トラストゲートウェイ 福岡県ファクタリング売掛金の現金化で資金調達 キャッシング、融資とは違う、売掛金 ・・・[続きを読む]
ファクタリングは中小企業にとって有効な資金調達手段です

ファクタリングとは、売掛金の債権をファクタリング会社に売却し、その金額から手数料を除いた分の現金を受け取る仕組みの資金調達方法です。要は、債権を割引いて売却するということになります。

このファクタリングを利用するには、原則的に売掛先に対して既に請求書を出している必要があります。そして、完全な売却になるのが特徴です。いわゆる回収代行のような仕組みではありません。

ファクタリング会社に支払う手数料は、その債権によって異なります。債務者側の資金繰りの状況や、支払い日までの日数、債権の金額などを総合し、手数料を差し引いた割引率が決まります。

債権を割り引くとなると、それが外部に発覚した場合、その会社の運転資金の状況を疑われてしまうことにも成りかねませんが、このファクタリング会社を利用した場合、自社と債務者側、そしてファクタリング会社以外にその事実が広がる可能性がない為、比較的利用しやすい割引サービスだと言っていいでしょう。

ファクタリングには2種類の売却方法があり、償還請求権のあり、なしに分かれます。
この違いは、債権を売却した後にファクタリング会社が債権者側から回収する前にその債権者が倒産してしまった場合に、受け取ったお金の一部を返還する必要があるかどうかです。

償還請求権なしの売却の場合、多少手数料が高くなります。ファクタリング会社からすると、もし回収できなかった場合のリスクを考えると、これは当然だと言えます。
償還請求権のある売却を行った場合、債権の回収前に債権者側が倒産してしまった時には、予め取り決めをしていた分をファクタリング会社に返還しなければなりません。ですが、手数料は償還請求権なしの場合より低くなります。この返還するべき分も手数料と同様に、債権によってケースごとに異なります。

このファクタリングは、その依頼を行ってから現金化されるまでの日数が短いことも特徴の1つだと言えます。
早い場合には翌日に、遅くとも1週間程度で債権が現金化できるので、特に繋ぎの資金に困っている場合には、とても有効な資金調達の手段になると言えるでしょう。
債権の金額が大きい場合にはその分日数が掛かることも多いですが、比較的少額の300万円程度までの場合、すぐに現金化できるファクタリング会社が多く存在します。

上にも挙げましたが、何より自社と債権者側、そしてファクタリング会社以外にその事実が広がる可能性がないので、メインバンクにそういった割引サービスを利用していることを悟られた為に今後に融資に支障が出てしまうようなことがありません。
割引こそされてしまいますが、大きな債権の支払日までにまだ1ヶ月以上あり、すぐに現金が必要になった場合などには、このファクタリングの利用を考えてみてはどうでしょうか。

ファクタリングに関することで

ファクタリングのメリット・デメリットに関して述べてみたいと思います。

・メリットとしてー

1.ファクタリング業者は手形割引時に債権者に支払った金額と、債務者から徴収した債権の額面との差額で利鞘を得る。

2.債権者側は、手形と同様に割引(期日前に利息を差し引いて支払ってもらうこと)をファクタリング業者にしてもらうことが可能であり、
かつ支払猶予期間の貸し倒れリスクをファクタリング業者に転嫁することができる。
また、債権回収コスト[領収書発行が不要なため、印紙代や送付時の切手代が不要)も削減できる。

3.債務者側は、事務負担の軽減により、手形の発行コストを削減できる(人件費・印紙代)。
債権者へは、債務者・ファクタリング業者双方から、支払日・割引可能日を連絡(FAXや手紙)するだけである。
債権者・債務者双方に共通するメリットとして、手形紛失・盗難のリスクが軽減されることが挙げられる。
債権者が手形を無くしたからといって、本当に支払わなければ、相手が倒産する可能性もあり、二重払いをせざるを
えない場合もある。
それに比べてファクタリングでは、上記のFAXや手紙に金銭的価値は無く、債権者(譲渡された者も)はシステム
への参加契約を結び、かつ事前にファクタリング業者に報告された者でなければ、金銭かができないのである。

・デメリットとしてー

1.ファクタリング業者は支払代行者として、貸し倒れリスクを背負うことになる。
そのため、債務者とは契約に財務体質の悪化などの理由(三期連続営業赤字や決済口座の預金額の減少など)で一方
的に支払代行を解除できる条件を入れるのが一般的である。

2.債権者側は、自身のメインバンクとの間に、ファクタリングの割引率より低率な手形割引契約を結んでいた場合に
は、損をすることになる。相手先の与信力が高ければ、裏書手続きに手間がかからない手形の方に魅力を感じる場合
もある。
また、ファクタリング業者自体が破たんした場合に、債務者に支払いを求めることが原則出来ない。

3.債務者側は、ファクタリング業者へ支払代行手数料を払っているが、通常、その金額は従来の手形の発行コストより
も高い。ファクタリング業者は貸し倒れを恐れ、金額を高く設定しているからである。

ファクタリング制度を正しく理解して資金化

企業は経営活動することにおいては、常にキャッシュフローを強化しておく必要があります。

いかに、回収条件が良い取引があったとしても、その回収の売掛債権が現金化されないということで、経営に問題が生じることもあります。

いわゆる債権の焦げ付きです。

これによって、経営状況が決して悪くない企業であっても、連鎖倒産するというリスクが0とは言えないのです。

したがって、取引後の回収をいかに早急に現金化するかと言ったことは、企業の存続を大きく左右することにもなりかねないのです。

このような問題を軽減する仕組みとして、ファクタリング制度があります。

この制度を使うと、企業が保有している売掛債権をファクタリング業者が、買い取ることによって企業に資金が生まれてくるのです。

この制度を使う企業というのは、やはり債権を現金化しなければ、経営難に陥ると言った問題を持っている中小企業です。
また、融資を受けられず、経営が厳しい会社にとっては、ファクタリングが有利な制度となってくるでしょう。

しかし、デメリットがあることも事実です。

売掛金がないと現金化することができないのです。

あるいは、売掛金の金額以上に現金を調達することができないということもあります。

手数料が高いといったことも、この制度のデメリットということでしょう。

したがって、この制度によって現金化する、資金化すると言ったことを考えた場合に、現状の経営実態と照らし合わせて、どちらを選択するとけいえいてきにもメリットがあるのかを冷静に分析する必要もあるのかもしれません。

経営困難な企業が、金融機関から融資を断られたということや、追加的な融資が受けられないということも珍しくありません。

特に、売掛債権があるにもかかわらず、仕入先に支払いができないことや社員の給料が払えないと言ったことはよくあることなのです。

このような時にファクタリング制度を活かす価値が出てくるのです。

また、この制度の条件も知っておくことが必要です。

この制度を利用するためには、最低でも100万円の売掛債権があることが前提です。

また、利用する事により、第三者機関の立場の会社に知られてしまうこともあるのです。

その中で、無事に経営を乗り越えていくか。

ましてや、ステークホルダーの厳しくも熱い視線を集めてしまうことも必要かも知れません。

それだけに資金難による倒産や経営悪化は、会社にとっては悩ましい課題となっているのです。

ファクタリングを使って資金調達をするメリット・デメリットとは

ファクタリングという言葉は、資金調達方法で頭を悩ませている中小企業経営者にとっては馴染みのある言葉ではありますが、一般人にとってはなかなか理解しにくい言葉かもしれません。

ただ、ファクタリングは、資金調達方法としては極めて画期的な方法ですので、会計・経理に関与していない社会人も、ぜひ理解しておくべき概念だといえるでしょう。

この点、ファクタリングという言葉をシンプルに説明すると、A社がB社に対してモノ・サービスを提供して得た売掛金(売上)を、A社からファクタリング会社に売却することによって、ファクタリング会社がA社に売掛金相当金額(手数料等を引いた金額)を支払い、A社がB社に対する売掛金の支払時期に先立って、現金(キャッシュ)を手に入れる仕組みのことです。

ファクタリングのメリットはいくつかありますが、大きく3つに分けることができます。まず、最も大きなメリットは、売掛金をスムーズに現金化することによって、短期間に資金調達を実現できることです。資金調達方法には、銀行からの借り入れ・融資や、株式の発行、社債の発行など、様々な手段がありますが、それぞれ必要な手続があり、資金調達のニーズに即日で対応することはなかなか困難です。

この点、ファクタリングの場合は、ファクタリング会社との2社間ファクタリングであれば、極めて短時間に売掛金を現金化することができ、キャッシュを手元に確保することができます。特に、中小企業にとっては、キャッシュを手元に確保することは極めて重要ですので、ファクタリングを上手に使いこなすことによって、資金繰りを円滑にすることができます。

次に、2社間ファクタリング(売掛先を関与させずに、債権者とファクタリング会社との間で成立するファクタリング契約)の場合は、売掛先の会社に知られることなく、売掛金を売却することができる点も、ファクタリングのメリットの一つと言えるでしょう。
もっとも、ファクタリングにも、いくつかの見逃せないデメリットがあります。最大のデメリットは、ファクタリング会社に支払う手数料が比較的高額であることです。ファクタリング会社も、ボランティアでファクタリング業務を行っているわけではないので、相応の手数料を支払う必要があります。

売掛金の債権者としては、売掛金を100%回収できれば失わなかったお金を、ファクタリングをすることによって失うことになるので、この点は大きなデメリットと言わざるをえないでしょう。ただ、そのデメリットを耐えてもなお資金調達のニーズが勝っていると判断できる場合に、ファクタリングを行うことになりますので、資金調達の観点から言えば、やむを得ないでしょう。

また、そもそも、ファクタリングとは売掛金(売掛債権)を対象にした契約ですので、売掛債権以上の金額を手にすることはできません。

たとえば、月の売上が1000万円であった場合には、いくらファクタリングを利用したとしても、1000万円以上の資金調達は実現しません。この点、銀行融資などであれば、売上とは関係なく巨額の資金を調達することも可能ですので、売掛金の金額が上限であることはファクタリングのデメリットと言えるでしょう。

このように、ファクタリングにはメリット・デメリットがありますが、即時にキャッシュを手に入れることができる資金調達方法としては、画期的であることは間違いありません。